So-net無料ブログ作成

合気道の組形稽古について 14 [合気道の事など 2 雑文]

 組形稽古は合気道と云う武道の特性を動きの中で体得する基本稽古であり、その後に展開するべき極めや締めを鋭利に磨く稽古、変化即応の稽古、恣意の攻防の中で合気道技を繰り出す稽古、「先の先」の稽古、崩しや「先の先」を保障するために有効な当身の稽古等のための、合気道的な自身の体と感受性とを錬る稽古であります。そう云う組形稽古の意味を喪失したり曖昧な儘繰り返していては、武道的に得るものは少ないでありましょう。

 さてここで、これまで各技のところで付言してきた事の繰り返しにもなって煩わしいでありましょうが、もう一度組形稽古について整理しておきたいと思います。
 合気道と云う武道の特性は「呼応性」であり、相手と対抗的に力を「争う」或いは「競りあう」のではなく、同調的に「争わない」或いは「競りあわない」で、「気を和する」ような動きを積極的な意味に於いて展開しながら相手を制しようとする武道であります。依ってこの「呼応性」を錬るために、一定の約束の下に行う組形稽古を繰り返す事で合気道の特性を我がものとするとともに、合気道のすべての技に通底する理合いの意味を明確化出来るのであります。組形稽古とはそう云う意味に於いて合気道と云う武道の基本中の基本稽古であり、依って我々は日常的にこの組形稽古を主要な稽古としているのであります。
 組形稽古が「呼応性」を磨くための重要な稽古であるなら、受けの意識の在り方とそれに依拠して与えられた役割が稽古の実質を支えているのであり、云ってみれば受けが組形の開始から終了までを一貫して主導しているとも云えるのであります。ですから受けは単なる「やられ役」等では決してなく、有利から不利へと変化した状況をまたすぐに有利へと立て直すべく動かなければ、それに「呼応」すべき仕手の動きも展開出来ない事になるのであります。受けは組形の意味を仕手以上に理解していなければならないのであります。
 また受けは仕手の状況に合致しない動きや力を感知したならそれを無言に仕手に伝える役割も有していて、仕手はその受けの示唆を感得したら即座の修正を躊躇ってはならないのであります。仕手と受けが協力的な心性ではなく相手に対して対抗的な「邪心」で稽古に臨めば、組形稽古の質は格段に低下して、組形稽古が有している高度な武技展開上の相互関係性を深化させる事の出来ない怠慢な「合気道遊び」となって仕舞うでありましょう。
 組形稽古が殺陣でも舞踏でもない事を保証するのは、仕手と受けの組形稽古の意義に対する認識なのであります。依って相互に協力的ではあっても決して稽古に緊張感の喪失がなく、相手への狎れもなく技への狎れもなく、武道稽古とは何の関係もない和気藹々とした社交性も娑婆っ気も当然なく、意欲の減退もなく行わなければならないでありましょう。
 合気道の力は「集中力」であるとは塩田剛三先生の言葉であります。この「集中力」とは、錬りに錬った体全体の力を武技を発露する一点より「集中して発揮する」力と云う、合気道独特の意味を有する表現でありますが、一般的に「集中力」と云うと、対象への注意や意欲を持続すると云う「集中するために必要な」力、と云う謂いになります。組形稽古に於いて先ず求められるのは、一般的な意味で使われるところの「集中力」であります。依って合気道に然程熟達していない初心者でも「集中力」を以って合気道の組形稽古に臨む事が出来るのであります。まあこれは、蛇足と云えばそうに違いない付言でありますか。
(続)
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0