So-net無料ブログ作成

もうじやのたわむれ 329 [もうじやのたわむれ 11 創作]

「いや、その、大岩会長は、聞いたところに依るとこちらに先祖代々居る鬼ではなくて、亡者のご出身だという事ですが、そうなら今の存在実態としては霊なのでしょうか?」
「そうですね。今のところあたくしは霊と云う事になります。もうすぐ準娑婆省の鬼になれそうですがね。そこに座っている林家彦六さんもそうです」
 大岩会長は羽織を着た和装の、すっかり老人のような風貌の、居眠りをしているみたいに眼を閉じて顔を俯けて、まんじりともしないで座っている仁を指差すのでありました。彦六さんは自分の事に話頭が向いたにも関わらず、別に何の反応も示す事なく、矢張り微動だにしないでいるところを見ると、どうやら本当に眠っているのでありましょうか。
「前は極楽省か地獄省にいらしたのですか?」
「そうです。極楽省におりました。ちょっと拠無い事情で準娑婆省に参りまして、その儘ずっと住みついて仕舞ったのです」
「拠無い事情、ですか?」
「その拠無さ、に関しては色々憚りがございまして、それ以上申し上げませんが」
「ああそうですか。それではまあ、一応私同様、嘗て閻魔大王官の審理を受けて、生まれ変わり地を極楽省に選んで、そこに住まわれていた霊だったと云う事ですね?」
「そうです。霊になった経緯は何も覚えておりませんが、歴とした霊です、今のところ」
「亡者の儘、準娑婆省に居残ったというのではないわけだ」
「それはそうです。亡者の儘だと仮の姿の耐用時間もありますからね。仮の姿の耐用時間が過ぎれば、亡者は石ころになって仕舞うのですから、そうなったら今こうして、娑婆交流協会の会長として、貴方さんとお話しなんか出来るわけがありませんからね」
 大岩会長はそう云って軽く握った掌の甲を口に当てて、ホホホと笑うのでありました。お婆ちゃんではあるものの、何となくその仕草が色っぽいのでありました。
「そこの彦六さんも極楽省からこちらに移り住まわれたのですか?」
 これは居眠っている彦六さんに問うても仕方がないと思って、大岩会長に訊いたのでありましたが、急に彦六さんの顔が上がるのでありました。
「な、・・・何を、云い、やがる。じ、・・・冗談じゃ、ねえや、・・・べらぼう、めえ。こちとら、も、・・・元、地獄っ子、でえ。・・・」
 これはどうやら、別に眠っていたのではなさそうであります。「ほ、・・・本人の、こたあ、本人に、訊くが良いじゃ、ねえか、てんだ。・・・」
「ああこれは、実にどうも、相済みません事でござんした。ひよっとして、お休みになっていらっしゃるのかと思いましたもんでげすから。へえ、どうも」
 拙生は頭を掻きながら愛想笑って謝るのでありましたが、この拙生の言葉つき、何やら昔、新宿とか上野とか浅草の寄席で時々お見かけした、娑婆にいらした落語家の三遊亭圓生師匠の口真似のようだと、喋りながら思うのでありました。
 彦六さんはそれだけ云うと、また目を閉じて顔を俯けて背を丸めて、すっかり動かなくなって仕舞うのでありました。大岩会長は、元は極楽省にいた霊で、彦六さんは地獄省から、矢張り何かしらの拠無い事情で、準娑婆省に移り住んだ霊と云う事のようであります。
(続)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0