So-net無料ブログ作成

もうじやのたわむれ 65 [もうじやのたわむれ 3 創作]

「その、主島たる大きな島の名前はなんと云うのでしょうか?」
 拙生はそう聞くのでありました。
「オーシテクレヤ島と云います」
「おしてくれや?」
 拙生は語尾を上げて復唱するのでありました。「なんか温泉旅行に行った宿で、風呂に入って夕食も済んで、その後按摩さんを呼んで貰って、布団に寝そべって揉んで貰っていると、旦那さん肩がひどく凝っていますねえ、なんと云われてギュッとやられて、おうそこそこ、なんと気持ち良さそうな声を上げると、こう云う肩凝りの人は腰や脚の方にも凝りがありますよ、なんと云われて、ああそうかい、なんと応えて、どうですここは? なんと腰を押されながら聞かれて、うーんそこもキクねえ、なんと応えて、もっと強めに脚の方もやりましょうか? と聞かれた時に、何度も頷きながら云う科白みたいですねえ」
「何ですかそれは?」
「いや、何でもありません。・・・」
 拙生はモジモジしながら下を向くのでありました。
「オーシテクレヤ島の北岸は熱帯に属していて、暑くて明るくて、長大な白砂の河岸線が続いていて、通年、サーフィンやダイビングをする霊とか、それにのんびり休暇を楽しむバカンス客で賑わっています。魅力的な釣りスポットも至る所にあります。豪華なリゾートホテルが多く建っていて、長期滞在用のコンドミニアムタイプの宿泊施設も、格安の省霊宿舎や省霊休暇村、それに霊宿や船宿なんかも揃っていますよ」
「省霊宿舎は娑婆の国民宿舎、省霊休暇村は国民休暇村ですね。と云うことは霊宿と云うのは、民宿、のことでしょうかね?」
「その通りです。娑婆では民宿に当たります」
 記録官は数回、顎を上下に動かすのでありました。
「常夏の南海の楽園気分を満喫出来る、と云う感じでしょうかな?」
「正しくは、南河の楽園、です」
「ああそうか、太平江は海ではなくて河川ですものね」
「そう云う事です」
 記録官はまた数度、顎を上げ下げするのでありました。「一方南岸は一転して寒冷地でして、こちらではホエール・ウォッチングが出来ます。それに街に近い処に通年営業のスキー場も多いですかな。スノボとかスキー客でこちらの方も一年中賑やかですよ」
「ホエール・ウォッチング?」
 拙生は首を傾げるのでありました。「太平江は海ではなくて河でしょう?」
「はい、河です」
「河にクジラがいますか?」
「これがいるんですなあ。こちらではクジラも環境適応して、淡水でも生きられるのです」
「ふうん、環境適応ねえ」
 拙生はここは頷かないで、胡散臭気に顎をやや前にせり出させるのでありました。
(続)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0