So-net無料ブログ作成

もうじやのたわむれ 14 [もうじやのたわむれ 1 創作]

「いやあ、まあ、考えてみればそんな連中は皆こちらへ来ているのでしょうから、そう云った豪華絢爛たるメンバーの刷新会議があっても、別に不思議ではないですよね」
 拙生は全く以って瞠目するのでありました。
「で、省内の審理部門で云えば、結局亡者様の審理については四つの審理所を廃止して、閻魔大王審理所のみを残して発展拡充し、閻魔庁と云う名前に改称して、ここで総ての審理を一括して行うと云うことになったのです。よって、赤鬼局と青鬼局は統合されて、名前も審理補佐局と改めて今に至っているのですよ」
「ははあ、成程。それがつまり、ここですね」
「そう云うことです」
 審問官が頷くのでありました。
「赤鬼局に所属されていた方が総て審問官で、青鬼局の方が総て記録官となる、と云うことでもないのですかね?」
「そうです。元赤鬼だろうが元青鬼だろうが、専門職試験に合格すれば審問官にもなれるし、記録官にもなれるのです。ま、血統ではなく能力主義と云うことです、建前上は」
「建前上は?」
「まあ、能力主義とは云っても、なんと云うのか、緩やかな職業の親子継承意識であるとか、門地であるとか地方閥であるとか出身大学の学閥であるとか、個人的なコネクションであるとか、それは矢張り依然として地下に脈々と存在していましてね。審問官系は元赤鬼、記録官系は元青鬼なんという、何故か知らないけど昔に出来た暗黙の住み分けと云うのは、曖昧ながらもなんとなく残っているのですよ」
「ふうん、そんなものですかねえ」
 拙生は少し口を尖らせるような表情をして、ゆっくり二三度頷くのでありました。
「ま、何処の社会も、そんなようなもので」
「なんとなく、ここへ来る前にいた娑婆の話しを聞いているような心持ちです」
「まあ、娑婆もここもそう変わらないでしょうかね、そんなところは」
「こちらと云うものは、あちらとは全く違った世界だと思っていましたが」
「そんなことはありませんよ。なにせ前に向こうにいた人が、今こっちに来ているのですからね、殆ど。居る連中は大体が同じヤツなのですから」
「しかし、こちらてえものは、娑婆っ気なんぞはこれっぽっちもない、まあ、向こうの目線で云えば、完全浄化された楽土なんだとばかり思っていました。向こうが穢土でこちらが浄土と云う認識です。まあ、私の勉強不足と云う事になるのでしょうが」
 拙生は頭を掻くのでありました。拙生が頭に当てた手を下ろすと、今度は記録官の方が話し出すのでありました。
「浄土なんと云う言葉が出るのは、さすがにお家の宗旨が浄土真宗だからでしょうかな。しかし兎も角、娑婆とこちらは、結局緊密に連関して存在しているわけですから、全然違う法則で動いているというのではないのです。あちらにある事はほぼ、こちらにもあるし、あちらにない事は大概、こちらにもないのです。まあ、総てと云うわけではないけれど」
(続)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0