So-net無料ブログ作成

大きな栗の木の下で 32 [大きな栗の木の下で 2 創作]

 矢岳君は音楽に支障がない限りの、色んなアルバイトを今までにしてきたって云っていたわ。給料の良さに魅かれて、ちょっとヤバそうなキャバレーのボーイとか呼びこみなんかもしたんだって。それからどこだったかの職安の前で立ちん坊とかも。
 そのせいか、確かにあたしなんかには想像も出来ない位、矢岳君は世間磨れしたところがあったかしら。それは頼りになるって云えばそうなんだけど、ちょっと崩れた感じにも見えたりする時もあるの。あたしそれ、ほんのちょっと怖いって思う時もあったわ、正直。でも、そう云うのは十分の一以下で、十分の九以上は音楽に対して直向きだったし、それに絶対的に優しかったのよ、あたしに対しては。その頃はね。・・・>

 片肘をついて横になっている姿勢が次第に辛くなってきたので、御船さんは上体を起こすのでありました。
「合気道部の連中とは、ちょっと正反対な感じなのかな、そう云うのは」
 肘についた草を掃いながら御船さんは聞くのでありました。
「そうね、多分合気道部には居ないタイプかな」
「詰襟の学生服着て、押忍とか喚きながら目を剥いて固い礼をしている姿じゃなくて、顔から笑みを絶やさないで、もっと柔らかい物腰の礼をするような感じを想像すればいいかな、その矢岳君とやらの象徴的な姿は。まあ、その笑顔にちょっと翳があって、それに見ようによっては凄味もあって、瞼で半分隠してはいるけど目は決して笑っていなくて」
「そうね、まあ、云ってみればそんな感じかな。でも今の御船君の喩えみたいなのは、なんかちょっとややこし過ぎる感じだけどね」
「おう、これは失礼。イメージが偏っていて貧弱なものだから、なんとなくそう云う風な像を思い浮かべて仕舞うんだよ、俺としては」
 御船さんはそう云って頭を掻きながら、心の中で舌打ちして、なんともいけ好かない野郎だと吐き捨てるのでありました。そう云う野郎は屹度、その物腰の柔らかさにうっかり気を許して仕舞うと、いきなりこちらの寝首を掻きにくるような真似をする、卑劣なヤツに本性は違いないのであります。考えていることがはっきり知れないから、決してこちらの油断を見せてはいけないタイプであります。そんな野郎、絶対に近づきになりたくない男だと御船さんは急に、何故か一人で秘かに熱り立っているのでありました。

 <そうやって、まあ穏やかに時間が過ぎていったの。お正月とか春休みとかは、あたしどうしても帰郷しなければならなかったから、その間暫く矢岳君とは一緒に居られなかったけど、でもまあそれも、ウチの両親の手前仕方がないかって二人共諦めて我慢したのよ。
 四年生になってもそれは変わらなかったの。あたしは表面的には普通に大学生として過ごしていたし、矢岳君は矢張り同じ地理学科の学生として、それから音楽とアルバイトと、それに偶にコンサートとかオーディションとか、結構地道に日を送っていたの。
 九月から就職活動が解禁になって、十一月にあたし或る商社の事務に就職が内定したの。あたし達の時は滅茶苦茶就職難だったけど、あたし案外すんなりと就職出来たのよ。
(続)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0