So-net無料ブログ作成

枯葉の髪飾りCLⅩⅩⅩ [枯葉の髪飾り 6 創作]

 海を泳ぐ拙生を吉岡佳世が岩場から、見下ろしているのでありました。時々拙生は彼女が本当に、拙生を見失わないでいるのかどうか、確かめるために手を、ふって見せるのでありました。彼女はすぐに同じように手を、ふり返します。彼女のその仕草に、拙生はとても満ち足りた気分に、なるのでありました。
 彼女を一人岩場に残していることが申しわけなくなって、拙生は岩場まで力泳して、戻るのでありました。岩場に上がると彼女がタオルを、手渡してくれるのでありました。拙生がタオルを受け取って体を拭いていると、彼女は岩場に弁当を、広げるのでありました。「豪華版たい」と拙生は感嘆の声を、上げるのでありました。「全部、あたしが作ったと」彼女は自慢げに、笑って見せるのでありました。
 拙生と吉岡佳世は手を繋いだ儘その弁当を、食べるのでありました。「美味しか?」と彼女は、首を傾げて拙生に時々、聞くのでありました。「うん、美味しか」拙生はその言葉が、お世辞や愛想に聞こえないか不安に思って、如何にも真剣そうな顔で、頷くのでありました。「砂浜ば、すこし歩こうか」食べ終えた弁当を片づけながら吉岡佳世が、提案するのでありました。
 俯いて、手を繋いで横を歩く吉岡佳世の中高の横顔を拙生は頻繁に、盗み見ているのでありました。「疲れとらんか?」拙生が聞くと彼女は拙生を見て首を、横にふるのでありました。「あたし、井渕君とこうして、手を繋いで、海辺ば歩いてみたかったの」と吉岡佳世が、云うのでありました。拙生は彼女の手を引き寄せて、彼女を自分に密着させてから、彼女の肩を、抱くのでありました。彼女の緊張が、その細い肩から拙生の掌に、移るのでありました。拙生の掌も緊張でぎごちなく、固まっているのでありました、映画で見た恋人同士のようだと拙生は、思うのでありました。「これから、あたしの家に来ん?」と吉岡佳世が、云うのでありました。「もう夕方けん、これから行きよったら、夜になってしまう」拙生はそう云いながら、彼女の体を一層強く自分に、密着させるのでありました。
 ・・・・・・
 吉岡佳世の家の居間で、彼女のお母さんに見られているにも関わらず、拙生と彼女は手を繋いで、体を寄せあって座卓の前に、座っているのでありました。「あんた達、羨ましかねえ」と彼女のお母さんが笑って、云うのでありました。「本当に、羨ましかばい」と彼女のお兄さんも、云うのでありました。彼女のお父さんは大きな湯呑で、茶を飲んでいるのでありましたが、それは自分の表情を、隠すためのようでありました。
 吉岡佳世が、繋いでいる拙生の手を差し挙げて「あたし達、来年東京で、一緒になると」と、云うのでありました。「そうね、そうやったね」と彼女のお母さんが、頷きます。「そうやった、そうやった」彼女のお兄さんも、頷きます。彼女のお父さんは相変わらず、大きな湯呑を顔の前に据えて表情を、見せてくれないのでありました。
 拙生はそんなことを、吉岡佳世と約束した覚えはなかったので、甚く驚いたのでありましたが、しかしなんの異論もあるはずがなく、むしろ彼女の口から、そんな言葉が出てきたことを大いに、喜ぶのでありました。彼女のお父さんの方を窺うと、まだ大きな湯呑が顔を隠していて、お父さんの意向は拙生には全く、知れないのでありました。
(続)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0