So-net無料ブログ作成

あなたのとりこ 151 [あなたのとりこ 6 創作]

「確かにそう云うところはあるか」
 山尾主任はしかつめ顔で頷くのでありました。
「でも、土師尾営業部長を差し置いて先ず片久那制作部長を取り囲んだら、土師尾営業部長の事だからそれも面白くないんじゃないかな」
 均目さんが言葉を挟むのでありました。「なかなか嫉妬深いですからね。実質は別にして体裁上は自分が社長に次ぐナンバーツーだと手前勝手に思っているんだろうし、それを無視して片久那制作部長の方に全員集まれば、自尊心を傷付けられるだろうな」
「会社経営の定見も手腕も無くて、何かと云うと片久那制作部長におんぶに抱っこなんだから、自分をナンバーツーだとお目出度く勘違いしている方が間抜けなのよ」
 那間裕子女史が手厳しい事を云うのでありました。
「でもあの人の嫉妬心は性質が悪いよ。ねちねちと執拗に報復されそうだ」
「こっちが本気で怒れば、根が小心者だからたじろいですぐ腰砕けになるわよ」
「でも、先ずは土師尾盛業部長に不満をぶつけるのが筋だろうな。と云う事で、・・・」
 山尾主任が那間裕子女史と均目さんが繰り広げる土師尾営業部長の人物鑑定に待ったをかけるのでありました。「具体的に、どんな抗議の仕方をするのが良いんだろう?」
「さっき、皆で取り囲むとか云っていたよね?」
 袁満さんが均目さんの方を見るのでありました。
「そうですね。ボーナス袋の中の明細表を確認して、二か月分を切っていたらすぐに全員で土師尾営業部長の席に集まって、取り囲んで、こんな額じゃ飲めないと文句を云う」
 均目さんはボーナス袋を机に叩きつける真似をするのでありました。
「誰が抗議の口火を切るの?」
 那間裕子女史が隣の均目さんの方に顔を向けるのでありました。
「それはこの中で一番年季の古い山尾さんと云うのが順当なところでしょうね」
 均目さんは那間裕子女史ではなく山尾主任の方に目を向けるのでありました。まあ、心根の中ではそうなるだろうと予想はしていたのであろうけれど、自分の名前が出たので山尾主任は驚いたような顔を均目さんに向けて、自分を指差して見せるのでありました。
「年季と云っても高々五年とちょっとで、那間さんより一年早いだけだよ」
 山尾主任は一応躊躇いを見せるのでありました。
「でも、一番古いと云うのは事実だもの。それに一番年嵩だし」
 那間裕子女史は山尾主任の躊躇いに一瞥もくれないのでありました。判っていたくせに勿体ぶって一応そんな真似をして見せているのだろうと云う読みでありましょう。
「それに主任と云う肩書きもあって、この中では一番偉いんだしね」
 袁満さんが冗談めかした云い方をするのでありました。
「じゃあ、判ったよ。そう云う事なら俺が先ず口を開くよ」
 山尾主任は不承々々に同意するのでありました。「こんな額じゃ到底年が越せないじゃないかって云うんだな、最初に俺が」
 山尾主任はやけに古風な云い草を口先に上せるのでありました。
(続)
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る